無職になりました。
というと、生活がガラッと変わるという考えもあるかもしれませんが、意外と変わらないこともあります。無職だからといって人格が大きく変わるわけでもないし、そんなにビックリするほど変わることばかりでもありません。


参考:無職になったよ日記☆無職になって増えたこと
   無職になったよ日記☆無職になって減ったこと

無職になっても生活費はそこまで変わらない

無職になっても、生活費についてはそんなに大きく変わりませんでした。

生活費については、収入がないので減らす方向で考える人も多いかもしれませんね。ですが、私の場合は減った項目と増えた項目があって、それらを足すと会社にいた頃とはそんなに変わらない感じです。

理由はざっくり分けて2つ。ひとつは食費は減ったけど外食費は増えたためで、もうひとつは仕事に関する出費は減った(ほぼ無くなった)けど娯楽費は増えたっていうのが理由かな。

食費はたしかに減りました。時間も自由になったので自炊の回数も増えましたし、夜遅くに値引きの惣菜を買いだめして節約したりもできますね。また、食事の回数も必ず1日3回、という決まりも無くなったので食費は減りますよ。お酒もあまり飲まなくなったので、アルコールだけではなく割材やおつまみの費用も減りましたね。
ですが、人恋しくて外食をしたり、時間に余裕があるから行列に並ぶ余裕ができたり、時間がかかるところでゆーっくり食事をしてもOKなので、外食の回数が増えました。なので、同じ食費でも外食する出費は増えた感じです。

仕事に関する出費というのは、仕事で受けたストレスやいらいらを解消するための無駄遣いの費用や、身だしなみなどの割高な服飾費、美容費などですね。ストレスが多かったのでいろいろお金使って補ってましたが、それらが減りました。ストレス減ったってことですね☆(∩´∀`)∩ワーイ
一方、時間に余裕が出来てしまったので、お出かけの機会が増えたり、旅行の回数が増えたり、増える予定です。また、イベント参加や新しく学習したいことへの時間も使えるので、そういった自己投資への費用が増えそう_φ(・_・

また、家賃や光熱費などは無職になったくらいでは減りません。同じところに住み続けて、同じくらい使うなら全く同じです。ただ、家にいる時間が長くなるので、その分光熱費はちょっとだけ高くなりそうな予感。
なので、無職になっても生活費は思ったほど減らないかもしれませんね。無職になったら生活費減る! って思って低めに見積もると、あとで貯金がなくなって焦るかもしれません┐(´д`)┌ヤレヤレ

無職になったからといって行動範囲もそんなに変わらない

無職をきっかけにライフスタイルが大きく変わったりする人は多いのかもしれませんが、私は行動範囲やその内容はそんなにビックリするほどは変わらなかったな。(※ハローワークと役所を除く)

図書館に行く機会とスーパー銭湯、あとお気に入りの服屋さんが新しいショップを開いたのでそこに行く場所が増えたくらい。後は今のところどこか新しい行きつけや娯楽の場所が出来たわけではないです。本を買うお店やファッションアイテムを買うお店、ファーストフード店などはそんなに違わないものですね。

あえて言うなら、会社に行く時の行動範囲から会社とその周辺だけを微妙にマイナスにしたくらいでしょうか。それ以外はショッピングも食事も便利な場所があるので、そこに行くことは無職前から変わらない感じです。(新しく開拓したいのが本音ですが……)

無職だからといってガラッと変わるものは少ない

だいたいこのくらいかな。生活リズムも崩れ気味だし、食事は減ったからダイエットが出来て体重も減ってきたのですが、出費の総計と行動範囲は思ったほど変わることはありませんでした。

まだ無職歴が長くないからこのくらいの変更でとどまっているのかもしれません。もう少し時間が経てば、なにか新しく変わるものが出てくるかもしれないですね。定点的にこんな感じの記事は書いていこう_φ(・_・