ここ数日、在宅ワーク詐欺についての記事をアップし続けています。
在宅ワークの詐欺、どういうキーワードを使ってる?(在宅ワーク詐欺の特徴と見分け方・その1)
在宅ワークの詐欺、どうして見分けにくいの?(在宅ワーク詐欺の特徴と見分け方・その2)
在宅ワークの詐欺、最近の特徴は?(在宅ワーク詐欺の特徴と見分け方・その3)
在宅ワークの詐欺、怪しいポイントは?(在宅ワーク詐欺の特徴と見分け方・その4)
在宅ワークの詐欺、どうやって断る?逃げる?(在宅ワーク詐欺の特徴と見分け方・その5)

もともとヤフートップにあるこの記事を読んで、触発されて記事を書いたのです。

消費者庁、在宅ワーク事業者2社に注意喚起を発表 HP作成料等の名目で多額の金銭を支払わせる

なんかこう、真面目に普通に差し障りなくほそぼそと在宅ワークをしている私なんかにとっては、こういう企業はかなり迷惑なもので(;´Д`)

ただ、企業だけが悪いわけではなく、中には騙されやすい人もいるんですよね。引っかかりやすいというか。大体の傾向としては、こんな感じです。

男性と女性では傾向が違う

性別でくくるとアレなので何ですが、比較的女性が騙されやすい傾向があるようです。

これは女性の方が家にいる時間が長いため、その時間を活用してなんとか稼げるようになりたい! と思う人が多いため、とされています。また、女性の方がお金がかかりますしね。主婦が家事や育児の傍らで稼ぎたい、という需要があるので。それを社会がうまく活用すればいいのですが、今のところはそれを上手に悪用されているだけ。

この傾向は国民生活センターの相談事例を見ても分かることで、国民生活センターの『相談事例と解決結果 副業・内職』を見ると、ケーススタディで出てくるのはほとんど女性です。なので、どうしても女性の方が多いのではないかなと。

ただ、じゃあ男性は全く騙されないのかというとそうでもなく、アフィリエイトやFXなど、大金が稼げそうなよくわからない稼ぎ方で稼ぐ、というのに引っかかりやすい傾向があるようです。大金になればなるほど男性が引っかかりやすいのではないかな、と個人的には考えています。

というのも国民生活センターのアフィリエイトやドロップシッピングに関する相談が増加!という相談では、男女比はほぼ半々とされているからです。なので、男女比はあまり変わらないけれど、内職や在宅ワークでは女性の方が多いのかもしれません。

世代で言えば20代から30代

年齢で言えば、20代から30代が多いようです。

これも家事や育児で家にいなくてはならない世代とかぶりますね。また、家で出来れば子どもの面倒を見ながら、という希望にもマッチします。

もうひとつの傾向は大学生など。20代になりたてだと、まだ怪しい話かどうかを見分けることが難しいので、どうしても騙されやすいのだそうです。これは宗教やセミナー詐欺、ネズミ講などに引っかかりやすい年齢とも同じですね。

だからといって年齢が高いと引っかからなくなるということはないのですが、それでも若い世代が多いようです。この世代の厄介なところとしては、貯金がないように見えて実は持っているというところや、やろうと思えばローンやキャッシングでお金を準備出来る世代である、というところでしょうか。

ちなみにこういう在宅ワークのために組んでしまったローンは、悪徳商法や触法行為だからといって返済が免除されるわけでもなければ、借金がなくなるわけでも、ローンが減額されるわけでもありません。悪質なことに、中には用途が決まっているローンへ嘘をつかせて申し込ませるパターンもあるようで、この場合は用途と違うことにお金をつかったために、強制的に一括返済させられるかもしれません。

肩書・属性でいえば、主婦や年金受給者

肩書や社会的な属性でいえば、主婦、それも専業主婦や、年金受給者が引っかかりやすいとされています。また、パートだったりとか。

主婦や年金受給者の場合、特徴的なのが自分での収入がないとか、経済的な余裕が無いため、家での仕事を希望しているということでしょうか。なので、自分で収入を増やそうとして副業で、というパターンが多いようです。

こういう人たちは収入がないはず。なのにどうしてお金を支払ってしまうのかというと、そのくらいなら貯めているから、というのがひとつ。また、悪質なところになると、借金やローンを使う人も。会社員としてしっかり稼いでいたとしても騙される人は騙されますが、だいたいこんな感じの肩書の人がターゲットになりやすいのです。要注意。

未経験者・ITにうとい人も多い

経歴であれば、副業未経験者だったり、とにかくITに疎い人がカモになりやすい傾向があります。

これはまるでITでなら楽ちんに稼げる、みたいな印象を持っている人や、パソコンもあまり使えないけど簡単に稼げそうだから、と言うような印象を持っている人ですね。ある程度業界経験があったり、副業の経験があるのなら、だいたいどのくらい稼げるかを知っているはず。とても夢のような金額や宝くじに当選したような金額を簡単に稼げるのではない、ということを知っているものです。

中にはパソコン操作でカンタンにお金が稼げる、と信じきっている人もいるようですが、パソコンはお金が無尽蔵に出てくる機械ではありません。それはATMの仕事です(^_^;)

人の言うことを疑わない

最後に人の言うことを疑わず信じる性格の人って、けっこう騙されやすいのではないでしょうか。

性格的に人の言うことを頭から信じる人は、普通の日常生活ではいい人かもしれませんが、こういう副業界隈ではいいカモでしかありません。変なキーワードを使ってくるような人たちなら、最初から疑ってかかるのに越したことはないんです。

最小限どういう仕事をするかどうか、そしてそれでどのくらい稼げているのかというような相場を知らないのなら知らないなりに、知っているならなぜ相場より稼げるのか、ということを知って、その上でお金を1円も支払わないところから始めましょう。