今日、ヤフートップを見ていたら、こんな記事が。

消費者庁、在宅ワーク事業者2社に注意喚起を発表 HP作成料等の名目で多額の金銭を支払わせる

うわー(;´Д`)
やっぱり起こったか。

というか、昔からこういう詐欺はよくありますよね。
在宅ワークや副業を餌にした詐欺っていうのはよく見かけます。

で、こういう詐欺のやり方って昔も今もあまり変わらないキーワードを使っています。
いくつかそういうキーワードを紹介しましょう。

「簡単に稼げます!」

まず、めちゃくちゃどこでも聞く代表的なキーワードとしては「簡単に稼げます」というのがあります。

いや、まあ、簡単に稼げる副業というのはあることにはあるんです。具体的には、アンケートサイトやポイントサイトなどが当てはまりますね。何のスキルもなくてもパソコンやスマートフォンの基礎的な操作ができればいい、というサイトやサービス、アプリなどなど。

ただ、それ以外で簡単に稼げるというのは、かなり詐欺の可能性が高いです。

そもそも『簡単に稼げる』としていて誰でも出来るというのは、それこそ誰でも出来るようなことなので希望者が多く、そうなると自然と稼ぎも減ります。当たり前のことですよね。

また、個人的には難しいことをいろいろ学習してウンウンうなりながら在宅仕事に反映させているので、簡単に稼げるなんて仕事はないな、と感じています。どの副業でもそれなりに難しかったりテクニックが必要だったので、カンタンに稼げますなんてことを平気で出されると(´ε`;)ウーンと何か引っかかる。もしくは、そんなはずないじゃんと思ってしまいます。

「月に30万円稼げます!」

こういう、具体的に「月に●十万円稼げます!」なんてしているのも詐欺の可能性が高いよなーと思ってしまいます。

というのも、こういう在宅ワークで稼げない仕事がないわけではありませんが、ある程度専門的な仕事のことが多いのです。例えばアプリ作成、プログラミング、デザイン、イラストレーション、翻訳などの専門的なスキルを活かす仕事ですね。こういう仕事をしてくださいというのなら信憑性は高いのですが、そうではないのなら……かなり危ないと考えたほうがいいでしょう。

個人的に信頼できて最も高額だったのがShinobiライティングのライター募集ページにある『月に10万円稼いでいる人も!』というキーワード。でも、これくらいが限度かな。月に数万円くらいががリアリティのある数字かと。(ちなみにShinobiライティングはそこそこハードです。タイピングスピードと文章を作るライティングスピードがある程度必要になるので、初心者は文字数の少ないものから選びましょう)

「未経験者でもOK!」「経験は問いません!」

これは上に稼げる在宅ワークでも、そうではない在宅ワークでもちょくちょく見かけるキーワードです。

詐欺的なものになると、やっぱりこういうのは多いですね。むしろ専門的な知識があるとNGみたいなところすらありました。専門的な知識があると詐欺だと見破られるからでしょうか?

未経験でもOKというのは悪いことではありません。最初は誰でも未経験です。でもどのくらい信憑性があるのかは分かりません。私も最初はライター未経験だったし。ただ、だったら確実に安全な副業を選ぶ方がいいです。

「私は●万円稼ぎました!」

上の理由と同じく、体験談として『月に●十万円稼ぎました!』仕事はこういうことで、作業はこんな感じで簡単で……』みたいな体験談も、正直アレだなと思いました。

在宅ワークはどれもそうですが、どのくらい稼げるか、なんてことは人によって大きく違います。かけられる時間も手間も、専門的な知識やスキルもそれぞれの人によって全く違うじゃないですか。そうである以上、いくら稼げるなんてことをはっきりと書き出すところはとにかく怪しい、と感じます。

「とにかく稼げます!」

どういう仕事をするか、どういう作業をするか、ということを別にして稼げることだけを全面に押し出したものもなんかこう、微妙だなと思いました。

在宅ワークを探す時にいろんなサイトを見ましたが、とにかく稼げることだけを全面に押し出したサイトはいくつかありました。いくつかあったんですが、なんだか怪しい感じがするんですよね。

中身を読み終わって「で、何をするの?」と感じてしまうサイトは詐欺とは別の意味で危ないかも。女性向け高収入求人的なアレにつながるかもしれません。

だいたいこんな感じ。詐欺なんかに引っかからないで!

書き出してったら疲れちゃったので一応この辺で終わりにします。( ´ー`)フゥー...

幸せな在宅ワークと出会って欲しいし、嫌な業者はとっととなくなればいいなと思っているので、しばらくこの在宅ワークと在宅ワーク詐欺についてのいろいろな記事をアップしていければな、と思います。