最近はサイトの端っこに広告が出ているところが多いですよね。
そういうサイトの広告、見てます?
そこに自分の好きな情報が出ていますか?

実は、そこに好きな情報を載っけて欲しい情報を効率よくゲットできるように、GoogleAdsenseに掲載するジャンルを指定する方法があるんです。
Googleの広告欄を情報集めに使っちゃうことができるんですね。

ということで、広告欄に情報を効率よく乗っけてもらうために、こちらから出来る事をやりましょう(`・ω・´)

まずはGoogleの『広告設定』を設定する

まずは、Googleでの広告掲載を何とかしちゃいましょう。

実はGoogleの広告欄は、検索やいろいろな情報と連携しているのです。ですので、ここにどういう広告を出して欲しいかを選ぶには、いくつかの方法があります。

今回はその一つ、『広告設定』をゴリゴリ設定しちゃいましょう。

Googleの広告設定について。

実は、Googleはその人がどんなキーワードで検索をしているかをチェックしているんですね。そして、その検索結果に近いキーワードやコンテンツをGoogleの広告欄に出しているんです。
これは、検索したものに近いものが広告に出ると効果が出るって考えているGoogleの中の人が考えたテクニックのひとつです。

例えば、Google検索から楽天にアクセスした後って、広告欄に楽天の広告が出やすくないですか? さっきまで見てた商品が広告欄でぐるぐる流れちゃってたりする。不思議なものですよね。

実はこれは『楽天』というキーワードを検索したので、
Googleが「この人は『楽天』に興味がある人なんだなあ」と知って、じゃあ楽天の広告を出したら効果があるんじゃないか、という風に考えて、楽天の広告を出しているんです。

(それ以外にも、例えばどういったページを見ているとか、検索してからどういうページを見たかとか、どういう広告をクリックしたかなどもチェックされています)

……ということは、これを逆手に取って( ̄ー ̄)ニヤリ

Googleに『私は懸賞に興味があります☆』ってことを教えれば、懸賞情報を宣伝している広告をより効率よく得ることが出来るはずなんです。理論上は。

Googleの『広告設定』について

ここまで読んで、
「えっなにそれ超気持ち悪い」
と思った人もいるでしょう。その気持ちはわかります。

と言っても、最近は特にGoogleでの検索はとても多くのところで行われているんですよね。

例えば、どこかのおこづかいサイトで『検索して1日1ポイント!』とかやってるじゃないですか。いくつかのサイトでやってるのですが、あれはGoogleからのものもあります。もちろんそうではないものもあります。

また、インターネットエクスプローラー使ってる人なら、URLが表示されているところに検索文字列を入れて、検索してるって人はいますよね。 あの検索もGoogleなんですよ。

ブラウザを『GoogleChrome』にしている人。もちろんあれもGoogleなんです。
ヤフーのページにいちいち飛んでから検索をしている人もいるかもしれませんが。
なので、検索をしたらその内容を覚えていると考えていいでしょう。そこらを使って検索したらその結果が広告と連動するわけです。これはもう逃れられないと思っておいたほうがいいと思います。

ちなみに「こんなの絶対嫌!」って思う人のための対処法も一応下のほうに書いておきます。

ということで、Googleの広告設定ページヘGO!

それでは、あなたがどんな風にGoogleから見られているのかをチェックするために、Googleの広告設定を覗いてみましょう。

URLはこちら。

https://www.google.com/settings/ads?hl=ja&sig=

アクセスしたら、URLの『sig=』以降にはユニークな文字列が表示されますが、意識しなくてOKOKヽ(´ー`)ノ

で、そこを見ると、以下の様な画面になります。

Google_koukoku


これがGoogleが持っている、あなたの検索結果をチェックするページですね。
ちなみに表示されている内容は当たっていましたか?

年齢やら性別やらは当たっているかどうかは別にして……。
(個人的には「なぜ中国語(;一_一)」という感じ。かならず当たるとは限らないようですね)

今回大事なのは下の方の『興味・関心』についてのところです。

Google_optout_page

右の『編集』を押すと、以下の様に展開されます。

Google_kyoumi_top

そこに、興味のあるジャンルを入力していく、という方法です。

Google広告設定には『懸賞』はない!

実は、今回はもともと『懸賞情報とかを集められたらいいよねー☆(´∀`*)』くらいに思って設定してみようと思ったんですね。
このブログ的なプチオトクみたいな事ができれば、いいじゃないですか。ジャンルがジャンルだし。

ところが、残念なことに、このGoogle広告設定の結果には『懸賞』というカテゴリーはないのです。Σ(゚д゚lll)ガーン

この指定できるジャンルは、以下のリンクにジャンルの一覧があります。

広告のインタレスト カテゴリ (Google広告ヘルプ)

そこを確認すると分かると思いますが、このカテゴリの中には、『懸賞』に関してのジャンルはないわけです。

では、どうするか。

この場合は『欲しい商品を狙って広告を出してもらう』というのが、一番手っ取り早い選択肢になりそうです。

例えば、スイーツが好きな人であれば、興味・関心の欄に『スイーツ』と入れるのが一番いいみたいですね。

Google_kyoumi_keyword_sweets

化粧品の情報がほしいという人であれば、『フェイス』と入れて

下のプルダウンに『スキンケア、ネイルケア』が出ますのでそれを選択し、

Google_kyoumi_keyword

で、横の『追加』ボタンで確定されます。

後は、下のOKボタンを押して完了です。

Google_kyoumi_pulldown

もし設定したくなければ『オプトアウト』でGoogle広告を連携させないことも出来る

ちなみに、もし設定をしたくなければ、この画面下にある『オプトアウト』というのをやればいいのです。

Google_optout_page

この『オプトアウト』とは、単純に、上で設定したような内容での広告はだしませんよ、というだけのものです。

(詳しくは興味/関心に基づく広告を表示しないよう設定する(オプトアウトを設定する) Google広告ヘルプを見たほうが早いです)

これと関連づけをした情報を一度忘れるというものですね。

Google_optout_check
ただ、忘れさせても、またいつか連携を始めます。また、即座にオプトアウト処理が行われるわけではありませんので、気をつけましょう。

Google検索で出てくる広告の種類を設定する

こちらのほうが、上のような専門的な内容よりも比較的楽ちんかもですね。

Googleでひたすら懸賞情報をチェックしちゃいましょう。

Google検索を行う

こちらの場合は簡単。

Googleのページに行き、Google検索から検索を行うだけ。

ね? とっても簡単でしょう?

Google検索での振る舞い方

と言っても、やり方はいくつかあります。

ひとつは、例えば懸賞に関する情報がほしい時に、『懸賞』と入力するだけでは、あまり効果は高くありません。というのも『懸賞』の検索結果を見てもらえれば分かると思うのですが、いわゆる『懸賞サイト』が掲載されているのです。

Google_kensaku_kensyou

この場合は、懸賞についての情報が欲しい、ということが、Google側に伝わっている……はず……(;一_一)

個人的に満足しないので、『懸賞 まとめ』とか『懸賞 ブログ』などで検索をしたほうが良かったかもしれません。
あるいは『懸賞 スイーツ』とかでもいいかもですね。

とにかく、Googleにほしい情報はこれですよ、こういうキーワードの情報がほしいですよ、ということを伝える必要があります。

また、検索結果をクリックすることも重要です。
というのも、検索結果からどういったサイトをクリックしたのか、ということも重要になってくるからです。

ただ、必ず一番上の検索結果をクリックする必要はないようです。自分がいいなーと思うような内容のものをクリックするといいでしょう。

掲載してる広告をクリックしてGoogle広告を設定する

これはGoogleの広告(GoogleAdsense)が掲載してあるページのみ有効な方法です。

GoogleAdsenseでは、実際にどういった内容のものをクリックしているかも重要な事です。

※当ブログの場合はGoogleAdsenseが配信停止になったので、Googleでの広告を掲載していません。そのため、当ブログの広告はクリックするだけ無駄なんです。ほかのサイトを探しましょう。(-3-)

Google広告とそうじゃない広告の見分け方

と言うと、
「じゃあGoogleの広告欄とそうじゃない広告欄ってどれよ」
ってことになりますよね。

この場合、見分け方は結構簡単です。

まず、いつも同じところに広告欄があるのに、掲載している広告の内容は違う、というような場所を探します。
もしくは『PR』か『GoogleAd』などと書かれているところを探しましょう。結構あると思いますよ。

次に、右上の角に何か広告とは別のマークが出ているかどうかをチェックします。丸で囲まれた『i』であることが多いですね。
そこをポイントしてみると、横から何かが出てきます。

Google_Ad_Mark


ここに『Ads by Google』と書いてあったらその広告欄はGoogle広告欄と考えて間違いないでしょう。

ということで、このGoogleの広告欄に出したいものをだしましょう。

気長にGoogle広告を待つ

この場合は、圧倒的に時間がかかりますが、Google広告の欄に気になる情報が掲載されたらそれをクリックしましょう。

それだけです。

というのも、Googleはどの広告がクリックされやすいかというのをチェックしています。そして、クリックされやすい広告ほど広告効果が高いと考えられているのです。

ですので、要はその人にあった広告を出すことにGoogleは積極的なので、Googleに、自分はこういう情報がほしいんだよーということを伝えるためにも広告をクリックすればいいのですよ。

個人的な感覚としては広告クリックでも効果はありますが、検索や検索結果からページをクリックするほうがほしい広告が出やすいような気がしないでもないです。

また、クリックした後にそのサイトのキャンペーンが気になった場合、応募したければ応募してもいいです。用やクリックすることが大事。

ちなみに他の広告欄は?

ここまで読んで、
「じゃあこういう広告をやってるGoogleAdsenseだけ設定したらいいの?」
って感じる人もいるでしょう。

この場合は、この設定だけで通用しない部分もある、と答えておきましょう(´・ω・`)

というのも、こういったバナー・テキストリンクをクリックするタイプのアフィリエイトは、他にもいろいろな種類があります。
動きはよく似ていますが、サービスの提供元が違うのだということですね。

ですので、検索と広告クリックであれば、それらの広告欄に対してもある程度は有効です。
ただ、一番最初に紹介したGoogleAdsenseの広告設定に関しては、GoogleAdsenseのみのものと考えておいたほうがいいかもしれません。

ちなみに、オプトアウトのやり方(設定の削除のやり方)は、他のクリックするタイプの広告でもやりかたはとても似ています。
気になるのでしたら設定を削除してもいいでしょうが、個人的にはおすすめしません。
(せっかくあなたに適した情報が出てくるかもしれないのに、ということと、削除してもまたすぐに覚えだすものがあるので削除しても意味が無いように思うこともあるのです)

最近はAdブロッカーといって、こういった広告を見えないようにするものもあるらしいのです。
私は使ったことがないのでなんとも言えませんが。どうなのでしょうかね。